Cooking Navi

料理動画

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-) | Top #
2011年06月08日

塩らっきょう &甘酢らっきょう&しょうゆらっきょう&塩らっきょうのベーコン炒め 

[高画質で再生]

【料理】きょうの料理(2011/06/07) 





[材料]塩らっきょう

(つくりやすい分量)
泥付きらっきょう:1kg

粗塩:100g

赤とうがらし:1~2本






①瓶に熱めの湯を注いで隅々まで行き渡らせ、湯を捨てる(割れ防止)
熱湯を少しずつ注ぎ、やけどをしないように注意しながら湯を捨て、伏せて自然乾燥させる

②らっきょうはボウルに入れて水を注ぎ、水の中で泥を落としながら洗う
★水洗いすると発芽しやすいので漬ける直前に洗う

③根はギリギリのところで切り、茎の先端は汚れた部分を落とす程度に少し切る
根も茎も切りすぎると、塩水がしみすぎて歯ごたえがなくなるので注意

④残っている薄皮をきれいに除き、洗ってざるに上げる

⑤ボウルにらっきょうを入れ、粗塩を加えて全体にまぶす
バットなどに広げ、日光が当たる場所で2日間干す
夜は室内に取り込む
★塩をして2日間天日干しすることで水分が抜けパリパリの食感になる

⑥干すと水分が出てくるので、汁ごと保存瓶に移す
赤とうがらし、水カップ3を加え、ふたをして冷蔵庫で保存する
2週間後から食べられるが、塩がなじんでおいしくなるのは1か月後
塩抜きして食べる。
★天日干しして出てきた汁も一緒に漬けこむ

食べ頃:2週間後から
保存期間:冷蔵庫で約1年間

[塩抜きの目安]

塩らっきょう:カップ1(約120g)
塩水:水カップ3+塩小さじ1/3


【塩の抜き方】
塩らっきょうカップ1(約120g)につき、うすい塩水(水カップ3に塩小さじ1/3)に半日くらいさらし塩けが少し残る程度に塩抜きする
食べて確認しまだ塩けが強いようなら、塩水をつくりかえて再びさらす。好みの塩けになったら、器に移す




[材料]甘酢らっきょう

(つくりやすい分量)
酢:カップ2
水:カップ1
砂糖:カップ1
赤とうがらし:1~2本

※鍋は酸に弱いアルミ製・鉄製は避ける

塩らっきょう:500g(塩抜きしたもの)

①ホーロー鍋に酢(カップ2)・砂糖(カップ1)・水(カップ1)
赤とうがらし(1~2本)を入れ砂糖が溶けたら火と止めてさます

②塩らっきょう(500g)塩抜きして水気をひとつひとつ綺麗に拭き、保存瓶に入れる

③冷ました①甘酢を②保存瓶へ注ぐ

食べ頃:1ヵ月後から
保存期間:冷蔵庫で約1年間




[材料]しょうゆらっきょう

(つくりやすい分量)

しょうゆ:カップ1
酒:大さじ2
昆布:5cm

塩らっきょう:200(塩抜きしたもの)

①ホーロー鍋にしょうゆ(カップ1)・酒(大さじ2)・昆布(5cm)を入れ
ひと煮立ちしてから冷ます

②塩らっきょう(200g)は塩味がしない程度にしっかり塩抜きして保存瓶へ入れる

③冷めた①を②の保存瓶へ入れ漬ける

食べ頃:7~10日間後から
保存期間:冷蔵庫で約1ヶ月間




[材料]みそらっきょう

(つくりやすい分量)
みそ:150g
みりん:大さじ2
酒:大さじ1

塩らっきょう:200g(塩抜きしたもの)

①ボウルにみそ(150g)にみりん(大さじ2)・酒(大さじ1)を入れ混ぜる

②①ボウルに塩らっきょう(200g)を加えて混ぜ合わせる
塩抜き加減はみその塩分があるので薄味で漬け込む

③保存容器にみそごと事入れる

食べ頃:3~7日後から
保存期間:冷蔵庫で約1ヶ月間


[材料]塩らっきょうのベーコン炒め 2人分

塩らっきょう:カップ1(塩抜きしたもの)

ベーコン:3枚

①フライパンに切ったベーコン(3枚)を入れ炒める

②ベーコンに油がでてきたら塩らっきょう(カップ1)を加え炒める
★手早く強火で仕上げる

[ 12:00 ] 漬物 | コメント (0) | Top #
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する


週間人気ページランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。